ウェブクロウの無料レンタルサーバーにお申し込みをしたら、ネットオウルに登録をした際のメールアドレスまで「サーバー設定完了及び設定情報に関するご案内」が届いているかと思います。

そちらの情報を利用してシリウスで作成したサイトをウェブクロウのドメインにアップする方法を説明します。

シリウスでのウェブクロウ接続設定

サイト作成ツールシリウスでサイトを作成した際に、サイト生成からアップロードをすると思います。そこで、FTP接続先一覧が出てくると思いますが、下の画像の画面で新規設定をクリックします。

2015y11m14d_173235147

 

続いて、FTP接続先の設定として以下の赤枠部分を記入していきます。何を記入すれば良いのかというと…

2015y11m14d_173242327

サーバー設定完了及び設定情報に関するご案内というメールに記載されている以下の情報をそのままコピペしてください。

  • 接続先の名前 わかりやすいように ウェブクロウ無料ホームページ(サーバーID)などとしておくと良いです。
  • ホスト名 FTPホスト名
  • ユーザー名 FTPユーザ名
  • パスワード FTPパスワード

以上で接続できるようになります。あとは通常にアップロードをしていけば、OKです。

別のFTP接続先設定方法

また、FTP接続先設定は、事前にやっておくこともできます。

シリウスのサイトオプション→FTP設定として、上述した内容と同じようにFTPホスト名などを設定してください。

シリウスを使えば、ウェブクロウなら無料で、しかも広告表示無しでもサイトをアップロードすることもできます。用量は1GBですが、サテライトサイトレベルであれば、これでも問題ないでしょう。商用利用も可能で、1つのネットオウルIDに付き5つのウェブクロウサーバーIDを取得できるようなので、安くサテライトサイトを作成していきたいと思っている方は活用したいサービスです。

>>ウェブクロウの無料レンタルサーバー契約方法

また、シリウスを活用するためのカスタマイズ方法サイトはこちらに用意してあります。

>>シリウスのカスタマイズ方法