コピペチェックExpressⅡは現在販売停止中です。

現在はコピペリンをオススメしております。

コピペチェックExpressⅡを初期起動した後は、実際に使ってみましょう。

>> コピペチェックExpressⅡの導入方法

記事のコピペチェック方法 基本

例えば、シュフティなどからライターさんを探し記事を作ってもらって、それをテキストファイルで納品してもらったとします。

そうしますと、以下のように記事が出来上がっているはずです。

テキストファイル

記事の読み込み

こちらを全選択してドラッグ&ドロップで移動させて、コピペチェックExpressⅡにファイル読み込みをさせていきます。

ファイル読み込み

 

うまくドラッグ&ドロップできると、次のように表示されていきます。

コピペチェックExpressⅡ

 

コピペチェック開始

コピペチェックを開始するには、上にあるコピペチェックスタートをクリックします。

コピペチェック

 

コピペチェック後は以下のように表示されます。

  • コピペされている可能性の高い記事に関しては、☓印が付けられます。
  • そして、どの部分がコピペされているのかを、可能性の高いページURLとともに表示してくれます。

(今回は既に記事としてインデックスさせているものを利用したので、すべてコピペチェックで引っかかって表示されています。)

コピペチェックツール

 

以上で基本的なコピペチェック方法の解説は終わります。

コピペチェックExpressⅡは現在販売停止中です。

現在はコピペリンをオススメしております。