コピペチェック

コピペチェックExpressⅡは現在販売停止中です。

現在はコピペリンをオススメしております。

当サイトでご紹介しているおすすめ記事外注サービスのシュフティなどで記事を作ってもらった場合、Webからコピペすることをチェックするだけではなくて、納品された記事間の重複もチェックする必要があります。

例えば、以下の様な不正が行われる可能性があるからです。(これを調べるためにも、この機能を使わないといけません。)

ファイル間でテキストの重複がある例

重複部分を赤文字で目立たせてみました。このように、悪質なライターであれば、楽して記事を作るために自分の作った記事をコピペで使いまわすことすらありえます。

(※以下の記事は特に意味もなく書いた記事ですので、中身については気にしないでください。)

納品記事1

普通に義務教育を受けて、周りに流されて生きてきた場合には、その流れのまま就職活動をしてしまいます。しかし、今一度考えてもらいたいのですが、果たしてそのような人生で良いのかということです。

実際のところ、就職をする必要はないと考えてみても良いのではないかと問いかけたいのです。もちろん、就職をしなければお金が稼げないからニートになるのでは?と思う方も多いかもしれません。しかし、起業していきていくという道もあるっていうことを知っておくべきでしょう。

納品記事2

大学三年生になれば就職活動をしなければいけない雰囲気になります。大学自体が就職予備校と化しているようなものなので、それは避けられないことです。しかし、就職活動をせずとも行きていける道は存在します。

実際のところ、就職をする必要はないと考えてみても良いのではないかと問いかけたいのです。もちろん、就職をしなければお金が稼げないからニートになるのでは?と思う方も多いかもしれません。もちろん、自分で何も行動を起こさなければニートになってしまいますが、自ら行動を起こせば起業して生きていくっていう道もあります。

では、このような記事間のテキスト重複を調べるにはどうすればよいのでしょうか?

これは、コピペチェックExpressⅡならボタンクリック1つで簡単にできます。

ファイル間テキスト重複チェック方法

以下の操作画面から

テキスト重複チェックをクリックすれば、テキスト間の重複度を調べてくれます。

コピペチェックExpressⅡ

非常に簡単なので、必ずやっておきましょう。

<コピペチェックExpressⅡの関連記事>

<その他コピペチェックツール>

コピペチェックExpressⅡは現在販売停止中です。

現在はコピペリンをオススメしております。